日本第一党 結党大会


2017年2月26日。

桜井誠党首率いる日本第一党の結党大会に行ってきました。

会場はアパホテル 潮見駅前。駅から徒歩数分の立地にあります。

潮見駅までは東京駅から京葉線の各駅停車に乗ります。快速と各駅停車が交互なので、1本乗り過ごすと次までけっこう待ちます。

私は仕事で少し遅れてしまい、開会には立ち会えませんでした。

でもネット配信してたので、到着まで電車内で様子を見てました。

最初に君が代斉唱をしていたのが立ち会えなくてとても残念でした。

到着するとホテルの中や外に関係者や記者らしき人の姿がちらほら。

受付の皆さんはとても親切で、さすが愛国者の集まりだなぁと感動。

会場内に入ると副党首やスタッフの方々のお話が続いてました。

スタッフの方がひな壇に上がって喋るとは思ってなかったとの事でとても緊張しててなんだか新鮮な気分です。

若い世代が政治に関わろうとする姿を大和証券街宣デモで初めて見ましたが(これが初めての参加でした)とても頼もしくて先が楽しみです。

遅刻したので座席がかなり後ろのほうでした。近くをウロウロする汚い格好をした記者が目につきました。

その人はどうやら神奈川新聞の石橋という記者で、会場内は正服の人ばかりなのでかなり浮いていました。

桜井誠党首の演説が始まって知ったのですが、政党側は事前にマスコミの取材申し込みを受け付けていたそうですが、この記者は事前に申し込みもなくいきなり会場に来て取材申し込みをしてきたそうです。

いつもなら許可しないんだそうですが、活動ではなく政党としてのスタートなので恩情をかけて取材を許可したそうです。

ところが、その石橋記者の取材した記事は

【時代の正体取材班= 石橋 学】人種差別主義団体「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の元会長、桜井 誠氏が党首を務める極右政治団体「日本第一党」の結・・・(党大会)

画像の下に注釈で
「後列には空席も目立った」
と知りもせずに悪意満載で記事にしています。

私は参加直前まで知らなかったんですが、この日は一応300人の席を用意しており、最終の参加受付にはそんなに多くの席が残ってなかったと桜井誠氏のネットラジオで聞いていました。

急な予定で来られなかった人もいるだろうに、「空席も目立った」。

こんな取材しているから相手にされなくなるのでは。

しかも極右、差別・排外主義って(笑)

当日のツイキャス配信をご覧になっていた方は全部知ってますが、神奈川新聞の石橋記者が自分の妄想を垂れ流しているのがよく分かります。

ちなみにこの神奈川新聞の記事は有料でしたww

ルンペンって言われても仕方ないですね。

 

さて、こんな感じでマスコミにも徐々に取り上げられるようになった日本第一党。

批判的な意見もTwitterでよく見かけますが、知らずに批判している人がほとんどです。

日本第一党が目指す「愛国保守」を根付かせる活動は始まったばかり。

党員数は現時点では1600人ほどだそうですが、党員募集からまだ半年経っていない時点での数字なので、この政党の存在を知れば参加する人はどんどん増えるのではないかと感じています。

桜井氏が演説の途中で他の党の党員数を紹介して比較してましたが、1600人はかなり凄い数字である事が分かりました。

神奈川新聞にはこんな事は書いてないですよね、読んでないからわからないけど。

何はともあれ日本第一党の事を取り上げてくれたおかげでその存在が広まったのも事実。
桜井党首も申しておりましたが、党員としてもお礼申し上げます。
拡散ご協力ありがとうございました。

 

党首の熱い演説で大変盛り上がった結党大会。

懇親会の準備で一旦会場を出ました。
来賓?の千葉麗子さんも見かけました。

その後の懇親会でも各テーブルを党首、副党首ならびにスタッフの方が挨拶回りをしました。

どの方も大変真摯な態度で、愛国者の集まりに参加できた事を大変嬉しく感じています。

懇親会終了後、会場出口で党首・最高顧問・副党首・スタッフの方が並んで1人1人握手をしながら退場しました。

皆さんの本気度が本当に熱いです!

お土産に桜井党首が東京都知事選に出馬した時の選挙ポスター!
日本第一党のパンフレット。
それと、最高顧問である瀬戸弘幸さんの著書「現代のカリスマ、桜井誠」をいただきました。

書籍のほうはすでに持っていたので誰かに差し上げようかと思案中。
(欲しい方いらっしゃったらコメントください。2017年3月末まで持っています。)

 

 

私が考える唯一の真の保守政党としてスタートした日本第一党。

今後の活動にも積極的に参加したいです。(でも仕事が地味に忙しい。。。)

 

 

千葉麗子さんと桜井党首の対談も掲載されている脱左翼本
くたばれパヨク
くたばれパヨク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)