政治について書く事について


私は割とノンポリに近い考え方なので、政治の事をブログに書くのは実はかなり抵抗があります。

政治について書いてあるブログを読む事は度々あって、そういう記事を読むと凄く詳しい人じゃないと書けないテーマだよなぁとよく思います。

Twitterで政治関連のつぶやきをよくするんですが、私の考えにそぐわない人からバカだのアホだの言われる事が多々あり、非常に困惑するのです。

私自身はその人がどんな持論をもってようが関係ないと思っても、相手はその人自身の考えにそぐわないのはとても嫌いなようで、でもそんなのほっといたらいいじゃん、って思うんですよ。

それなら自分が発言しなきゃいいのかとも思うんですが、黙る事は自分の主張が間違っていた事を認めるようでそれも嫌です。

そもそも日本人は謙虚さという美徳観念がある事から、トラブルは回避する傾向にあったと思います。

でもそんな愛国者が大切にしているものを平気で踏みにじっていく人たちがいるわけです。

例えば、アンチレイシズム(レイシズム=人種差別主義)を掲げているしばき隊とその関係者(パヨクと言われる人たち)。

あの人たちは私から見たらただの暴力集団にしか見えないのに、その人たちの抗議に屈するのは暴力に屈するのと同意だと感じるのです。

でも実際に私自身が脅されたり暴力を振るわれたわけでもないので、彼らのツイートを冷静に読み、なぜ桜井誠氏を攻撃対象にするのか判断しようと試みてきましたが、どうがんばっても彼らの主張は自分勝手な主張で同意見の人以外はすべてクズ扱いです。

主張は人それぞれだと私は思うのですが、彼らにはそれがありません。

こういう何を言っても無駄な人とは関わらないのが一番です。

だから、韓国との断交も私は賛成しています。

断行すれば余計な波風も立たず、在日特権と言われている生活保護の問題も在日韓国人に帰国してもらえば解決するわけです。

ところで、Twitterで「在日特権なんかあるかボケ」というリプライをいただきました。

この発言に関する考えはまた次回。

なかなか更新がゆっくりですがまた来ていただけると光栄です。

ダラダラとした駄文を最後までお読みいただきましてありがとうございます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)